九州遠征③ 地獄めぐり

こんにちは!yamatorianです。

🙇またまた文章、記事長めです🙇

九州遠征3日目は地獄めぐりをしました。

鉄輪、亀川のエリアが地獄地帯になっていて高温の源泉が噴出する別府ならではのスポットです。

そもそも地獄とは250m〜300mの地底から吹き出る温泉噴出口です。千年以上も前から噴気、熱泥、熱湯などが噴出していて近寄ることもできない忌み嫌われた場所ということで地獄と言われるようになったそうです。

別府では主に海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄の7つの地獄があり地獄めぐりをする時は上の順番で行くとスムーズに回れます。

まずは海地獄

営業時間 : 7箇所全て8時〜17時

泉質 : 含食塩酸性泉

泉温 : 約98度

深度 : 泉脈までの深さ200m

ちなみに各地獄ごとに入場料はありますが別で共通観覧券というものがあり7ヶ所の地獄(海・血の池・龍巻・白池・鬼石坊主・鬼山・かまど)が見学できる入場券です。

料金は2000円ですが割引券を使うと1800円に割引できます^ ^

続いて鬼石坊主地獄

泉質 : ナトリウム、塩化物泉

泉温 : 99度

ここの地獄は灰色の熱泥が沸騰する様子が坊主頭に似ている事から「鬼石坊主地獄」と呼ばれるようになったそうです。

3箇所目はかまど地獄

泉質:含芒硝弱食塩泉

泉温:約90度

かまど地獄では1丁目~6丁目までさまざまな湯の池があります。

熱気が凄いです。

4箇所目は鬼山地獄

泉質:ナトリウム一塩化物泉

泉温:約99.1度

鬼山地獄は、別名「ワニ地獄」とも呼ばれていて大正12年に日本で初めて温泉熱を利用したワニ飼育を開始したので隣ではうじゃうじゃワニがいます笑

写真では伝わらないワニのデカさ!

マジででかいです笑

クロコダイルやアリゲーターなどが70頭飼育しているみたいです。

5箇所目 白池地獄

泉質:含ホウ酸食塩泉 塩化ナトリウム、ケイ酸

泉温:約95度(噴出口)

白池地獄には他にも熱帯魚館やピラルク館、県指定重要文化財の向原石幢、国東塔や、郷土美術が展示されている「二豊南画堂」などがあるので地獄以外でも楽しめる場所です。

6箇所目 血の池地獄

泉質:酸性緑礬泉

深度:約30m(粘土のため最深部不明)

摂氏:約78度

海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄は歩いて回れる範囲ですが血の池地獄は少し距離があるので鉄輪からバスに乗り血の池地獄前で下車すると楽です!

血の池地獄は見ての通り真っ赤で、地下の高温、高圧下で自然に化学反応を起こし生じた酸化鉄、酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出、堆積するため池一面が赤く染まるそうです

40度くらいだったら入りたい笑

ちょっとした高台から

最後7箇所目は龍巻地獄

泉質:含食塩酸性泉

泉温:約105度(噴気)

地下熱水150度

血の池地獄の隣にあります

龍巻地獄は天然記念物にも指定される間欠泉で豪快に噴き出した熱水は、屋根で止められていますが約30mほど噴き出す力があります!

だいたい30分間隔で熱水が噴き出します。

噴き出す前↓

実際はこんな感じです。

これで地獄めぐりは終了!3時間くらいかかりました。

地獄めぐりで汗をかいた方は龍巻地獄の近くにある柴石温泉でゆっくりして行くのがオススメです!

鉄泉が体を芯から温めてくれますよ^ ^

では^ ^

広告

投稿者: yamatorian, 温泉、旅好き

温泉とか旅が大好きです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中