川崎工場夜景

こんばんは!yamatorianです。

更新するのが久しぶりで少しサボっておりました笑

というのもこの最近の暑さ。家に帰っても更新する気が起きないんです!笑

本当は7月の初めに広島に遠征に行く予定でしたが大雨の影響でバスをキャンセルしました。なので今回は川崎に行った時に撮った工場夜景です。

半分沈没している船

最近デスクトップpcを買いphotoshopやLightroomをいじりあさっています笑

ギラギラ

写真撮ってたらいつの間にか朝になってたんでついでに朝焼けも撮りました。

7月は遠征行けなかったので8月は場所を変えて兵庫県!有馬温泉です!日本三大温泉の一つなので楽しみです^ ^

それとと大雨の影響で被災された方や亡くなられた方々にご冥福をお祈りします。

では。

広告

一足早めの花火大会

こんにちは!yamatorianです。

6月1日に開催された第61回逗子海岸花火大会を見に行ってきました。

6月の初めごろにもう花火大会がやっているとは思いませんでした笑

今回の花火大会は逗子市の財政難の影響で逗子観光協会への補助金が無くなってしまい開催が危ぶまれていたそうです。

実際は募金やコロワイドという企業の支援により当日を迎えられました。

何枚かいいのをチョイスして合成しました。

花火は合成につきますね〜

九州遠征③ 地獄めぐり

こんにちは!yamatorianです。

🙇またまた文章、記事長めです🙇

九州遠征3日目は地獄めぐりをしました。

鉄輪、亀川のエリアが地獄地帯になっていて高温の源泉が噴出する別府ならではのスポットです。

そもそも地獄とは250m〜300mの地底から吹き出る温泉噴出口です。千年以上も前から噴気、熱泥、熱湯などが噴出していて近寄ることもできない忌み嫌われた場所ということで地獄と言われるようになったそうです。

別府では主に海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄の7つの地獄があり地獄めぐりをする時は上の順番で行くとスムーズに回れます。

まずは海地獄

営業時間 : 7箇所全て8時〜17時

泉質 : 含食塩酸性泉

泉温 : 約98度

深度 : 泉脈までの深さ200m

ちなみに各地獄ごとに入場料はありますが別で共通観覧券というものがあり7ヶ所の地獄(海・血の池・龍巻・白池・鬼石坊主・鬼山・かまど)が見学できる入場券です。

料金は2000円ですが割引券を使うと1800円に割引できます^ ^

続いて鬼石坊主地獄

泉質 : ナトリウム、塩化物泉

泉温 : 99度

ここの地獄は灰色の熱泥が沸騰する様子が坊主頭に似ている事から「鬼石坊主地獄」と呼ばれるようになったそうです。

3箇所目はかまど地獄

泉質:含芒硝弱食塩泉

泉温:約90度

かまど地獄では1丁目~6丁目までさまざまな湯の池があります。

熱気が凄いです。

4箇所目は鬼山地獄

泉質:ナトリウム一塩化物泉

泉温:約99.1度

鬼山地獄は、別名「ワニ地獄」とも呼ばれていて大正12年に日本で初めて温泉熱を利用したワニ飼育を開始したので隣ではうじゃうじゃワニがいます笑

写真では伝わらないワニのデカさ!

マジででかいです笑

クロコダイルやアリゲーターなどが70頭飼育しているみたいです。

5箇所目 白池地獄

泉質:含ホウ酸食塩泉 塩化ナトリウム、ケイ酸

泉温:約95度(噴出口)

白池地獄には他にも熱帯魚館やピラルク館、県指定重要文化財の向原石幢、国東塔や、郷土美術が展示されている「二豊南画堂」などがあるので地獄以外でも楽しめる場所です。

6箇所目 血の池地獄

泉質:酸性緑礬泉

深度:約30m(粘土のため最深部不明)

摂氏:約78度

海地獄、鬼石坊主地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄は歩いて回れる範囲ですが血の池地獄は少し距離があるので鉄輪からバスに乗り血の池地獄前で下車すると楽です!

血の池地獄は見ての通り真っ赤で、地下の高温、高圧下で自然に化学反応を起こし生じた酸化鉄、酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出、堆積するため池一面が赤く染まるそうです

40度くらいだったら入りたい笑

ちょっとした高台から

最後7箇所目は龍巻地獄

泉質:含食塩酸性泉

泉温:約105度(噴気)

地下熱水150度

血の池地獄の隣にあります

龍巻地獄は天然記念物にも指定される間欠泉で豪快に噴き出した熱水は、屋根で止められていますが約30mほど噴き出す力があります!

だいたい30分間隔で熱水が噴き出します。

噴き出す前↓

実際はこんな感じです。

これで地獄めぐりは終了!3時間くらいかかりました。

地獄めぐりで汗をかいた方は龍巻地獄の近くにある柴石温泉でゆっくりして行くのがオススメです!

鉄泉が体を芯から温めてくれますよ^ ^

では^ ^

九州遠征② 別府温泉

こんにちは!yamatorianです。

🙇文章、記事長めです🙇

九州遠征2日目は念願の別府温泉!と言うことで早速別府へ!

別府までは前回の夜景撮影で滞在していた苅田から電車で1時間30分くらいで着きます。その時に特急ソニックに乗ったのですが、かっこよくてびっくりしました笑

電車は全く詳しくないですが特急ソニックには少しファンになりました笑

拾い画↓

あっという間に別府に着きました。

駅の前では手湯を体験できます。

別府温泉に行く前に!持って行くとお得な物があります。それが別府八湯温泉本!(500円)この本には別府の観光名所やグルメ、日帰りで入れる温泉施設の紹介や別府八湯のおすすめコースなどネットには載っていない情報が盛りだくさんです。

しかも後ろのページには温泉旅館の入浴無料券や他の施設で使える割引券などがありすぐに元が取れるのでお得です!

別府駅の観光案内所などで売っていますが、Amazonでも売ってるので事前に買って自分の周りたいコースなんかを決めるのもアリですね^ ^

他にも観光案内所では別府八湯スパポートMy別府Freeなどが売っています。実は別府温泉には日帰りで入れる入浴施設が88箇所も存在します!その88箇所1つ1つにスタンプが置いてあり入浴するとスパポートにスタンプを押すことができます。要するにスパポートは88箇所を巡るスタンプラリーみたいなものです。

もう1つのMy別府Freeは別府市内を走っているバス(亀の井バス)が乗り放題になると言うものです。私は1日だけ乗り放題のMy別府Freeミニを買いました。別府で湯巡りをするなら必須です!値段は900円。スパポートは100円

そして別府温泉を湯巡りする時はどんな温泉に行きたいかで結構コースが変わってくると思います。その理由として別府では別府八湯といい主に8種の泉質が湧いているからです。まさに温泉天国です笑

別府八湯のそれぞれの泉質は別府温泉、浜脇温泉、鉄輪温泉、明礬温泉(みょうばん)、亀川温泉、観海寺温泉、柴石温泉、堀田温泉の8種。

また日本一の湧出量、世界ではなんと2位の別府温泉。11種類に分類される泉質のうち別府では10種類を有しているんです!2回目ですがまさに温泉天国笑

さていよいよ温泉巡りへ。

ルートはこんな感じ

1箇所目 竹瓦温泉(別府温泉)

日帰り営業時間 : 6時30分〜22時30分

料金 : 100円 砂湯1030円

泉質 : 塩化物泉、炭酸水素塩泉

アクセス : 「流川ゆめタウン前」下車

旅館みたいな共同浴場です。全部こんな感じがいいな笑

2箇所目 浜脇温泉

日帰り営業時間 : 6時30分〜深夜1時

料金 : 100円

泉質 : 単純泉

アクセス : 「湯都ピア浜脇」下車

単純泉の割には少しトロッとしていたような気もしました。別府の湯は泉質が混ざることがるらしいんでその影響なのかな?

ネットから↓

3箇所目 杉乃井ホテル棚湯 (観海寺温泉)

日帰り営業時間 : 9時〜22時

料金 : 1200円 土日1800円

泉質 : 塩化物泉

アクセス : 「スギノイパレス」下車

露天風呂の棚湯からは別府の町並みや海も見えます^ ^ 浴室の大きさに関わらず源泉100%のホテルです。

平日だけど意外と人多くて写真撮れない笑

ネットから↓

4箇所目 夢幻の里春夏秋冬(堀田温泉)

日帰り営業時間 : 10時〜20時(4月-11月)18時以降は要予約。10時〜18時(12月-3月)

料金 : 700円

泉質 : 硫黄泉

アクセス : 「堀田」下車 徒歩15分

結構大自然の中にあります。

硫黄の匂いがプンプンします!

めちゃくちゃ熱いです!

湯の花もたくさん浮いていました^ ^

5箇所目 神岡温泉 豊山荘 (鉄輪温泉)

日帰り営業時間 : 12時〜14時

料金 : 400円

泉質 : 硫黄泉

アクセス : 「本坊主」下車

ブレブレ笑

先に入っていたおっちゃん曰くここの湯が鉄輪温泉の中では一番いいとのことなのでおすすめしておきます!笑

湯はほんのり硫黄で体の芯から温まります^ ^

6箇所目は 湯屋えびす (明礬温泉)

日帰り営業時間 : 10時〜22時

料金 : 1000円

泉質 : 硫黄泉

アクセス : 「明礬」下車

明礬エリアは硫黄泉がたくさん湧出していてこのような湯が多いです。

香り湯

左下の瓶に日替わりで変わるお香が置いてありリラックス効果があるそうです。

奥には箱蒸し風呂というのがあり、頭だけ出して体を蒸すというサウナみたいなやつがあります。

これだけネットから↓

途中で遅めのお昼。明礬エリアにある岡本屋売店へ行き温玉カレーと地獄蒸しプリンを食べました。どっちもすごく美味しい!

地獄蒸しプリンは明礬温泉の吹き上がる高音の湯煙を利用して作られてるみたいです。

湯巡りに戻り明礬エリア2箇所目の別府温泉保養ランド

日帰り営業時間 : 9時〜20時

料金 : 1100円

泉質 : 酸性泉、硫黄泉

アクセス : 「紺屋地獄前」下車

ここには硫黄泉の混じった泥湯が楽しめます。私も泥湯は初めてでしたが体が浮く笑

治療湯としても有名です。

湯巡りはこんな感じです!それと湯巡りを終えた後のスパポートはこんな感じです。

気づいたかもしれませんが後半は硫黄泉ばっかり!完全に私の好きな泉質のコースになってしまいました笑

ですが硫黄泉の好きな方は別府行った際はぜひ明礬温泉!アルカリ性や塩化物泉などがいい方は別府温泉や鉄輪温泉がオススメです!

関係ないけどちょっと湯上り専用飲料なるものが気になったので旅館で買ったのですがなんとも言えない味でした笑

では!

九州遠征① 相島と工場夜景

こんにちは!yamatorianです。

ちょっと長いです!

今回の遠征は初の九州地方!ワクワクが止まりません笑

いつもどうり夜行バスで行くのですが目的地が九州なので遠い…。今までで最長の15時間かかりました笑

夜行バス 新宿〜博多 8800円

博多に到着!着いたのがお昼の12時だったので駅内にある博多めん街道へ。

食べたのは長浜ラーメン。濃厚なスープがとても美味しかった!

腹ごしらえを済ましいざ相島に!

アクセスはJR博多駅から鹿児島本線に乗りJR福工大前駅で下車。福工大前駅からはコミニュティバス(マリンクス)を使って相島渡船場まで行きます。

バスには山らいず線と相らんど線があり、相島渡船場行きは相らんど線なので行く際は気おつけてください。

バスの時刻表↓

http://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/60,17748,284,325,html

相島渡船場に着くと右側のコンクリートの建物の中に発券機があるのでそこで相島行きのチケットを購入できます。

船の時刻表↓

http://www.town.shingu.fukuoka.jp/index.cfm/60,970,284,191,html

船はこんな感じ。

相島到着!

そういえばなぜ相島に来たかと言うと…

猫さん達がたくさんいるんです笑

こんなところにも!入りずらい笑

なに撮ってんだよと言わんばかりの表情

癒されます!

途中で見つけた神社。

なんか相性が良いですね〜

この猫の表情は撮った時笑ってしまいました笑

撮った場所は港周辺なので多分まだまだたくさんいると思います。

ちなみに相島までかかる費用としては電車280円、バス100円、船460円です。博多から1時間くらいで行けて往復2000円あれば大丈夫ですね。

さてお次は夜景!相島から福工大前に戻り小倉の工場夜景へ。

新日鐡住金の工場夜景

新日鉄化学工場

移動して苅田へ。

三菱マテリアル

バケモノみたいですね笑

って言うかせっかく来たのに霧…

1日目はこんな感じでした。行きたいところが多かったのですが2泊では無理ですね笑

では!